サロンとクリニックどちらで脱毛すべき?

クリニックとサロン

市販のカミソリやシェーバーなどを使い、自宅で脱毛するよりも圧倒的な仕上がりの良さを実現してくれるのが、脱毛サロンと脱毛クリニックに頼る方法です。

人気の施設ではあるものの、一体どちらを選べばよいのかわからない人もいるでしょう。

基本的にどちらも高度な技術を用いて安全性の高いサービスを提供しますので、好みで選べば問題ありません。

ただ、それぞれ異なる特徴を持っていますので、それを知れば選ぶべき施設の判断材料になります。

脱毛サロンの施術方法。料金や回数は?

まず、脱毛サロンについてです。脱毛サロンの施術で多いのが、光脱毛器を使った方法です。IPL脱毛とも呼ばれます。

黒色の色素に反応する特殊な光を放つ機器で、皮膚の表面から照射し、ムダ毛を除去します。光が毛穴の奥まで届き、毛に熱を加えて取り除く仕組みです。

照射してすぐの段階ではムダ毛がまだ抜け落ちないものの、施術から数日経った頃に自然に抜け落ちます。これを何度も繰り返すことで、徐々にムダ毛が目立たなくなってきます。

光脱毛器を使う際には、直接照射するやり方と、ジェルを塗ってから照射するやり方が存在します。脱毛サロンによってやり方は違いますが、基本的にどちらの方法でも脱毛効果に大きな差は見られません。

照射後にローションを塗り、肌の状態を整えます。美容成分入りのローションが使われることも多く、美肌ケアまでできるのが魅力です。

自己処理によるムダ毛が楽になる程度の効果なら6回程度、自己処理が不要になる程度の効果なら12~18回前後、つるつるの状態になるまでなら18回以上が、施術回数のおおよその目安です。

両ワキやVラインなどの毛の濃い部分の効果が早く、背中や顔など、毛の薄い部分だと効果が出るまでの回数が多くなる傾向が強めです。

料金は全体的にリーズナブルで、両ワキなら6回1万5000円前後、全身6回なら18万円前後します。お得なキャンペーンを提供する脱毛サロンも多く、数百円程度の安さで両ワキ脱毛を体験できるところが存在するほどです。

続いて、脱毛クリニックの施術についてです。

脱毛クリニックの施術方法。料金や回数は?

多くの場合でレーザーを使った施術を行います。黒色の色素に反応する機器で、皮膚表面から照射するのは光脱毛器と同じです。しかし、レーザー脱毛の場合は高度な医療機器を用いますので、強力にムダ毛を取り除くことができます。

根元から毛の組織を破壊するため、長く効果が持続しやすい特徴を持っています。施術後、数日経過すると自然に毛が抜け落ち、施術を繰り返して脱毛を完了させる流れは脱毛サロンと同じです。

自己処理がほぼいらないほどの効果なら5~8回程度、つるつるの状態にするには10回程度の施術回数が目安です。料金はやや高く、VIO6回で10万円程度、全身脱毛6回なら40万円前後かかります。

しかし、両ワキ脱毛に関しては比較的リーズナブルで、脱毛サロンと同水準の6回1万5000円前後のところが目立ちます。以上が脱毛サロンと脱毛クリニックの特徴です。それぞれの特徴で判断すると、料金の安さで選ぶなら脱毛サロンが良いといえます。

特にキャンペーン価格の安さが魅力的で、お小遣い程度で利用しながら施術の質を確かめられるのがメリットです。しかし、長く脱毛効果を得たいのであれば、脱毛クリニックを選んだほうが安くなる可能性も十分にあります。

脱毛サロンの光脱毛は照射力は弱く痛みの少なさが魅力ですが、毛を根本から破壊できません。しばらく何もしなければ再び毛が生えてくるため、その都度施術が必要です。

脱毛クリニックのレーザー脱毛は痛みがややあるものの、強力な効果を得られるため少ない回数でムダ毛が目立たなくなり、完了から再び生えてくるまでかなり長い時間を要します。

将来的に何度も通う費用を節約しやすいのが、脱毛クリニックならではのメリットです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする